無料の調査と見積もり提示

男性女性

アライグマは器用な手指と力強い腕力を持っています。重い障害物も簡単に動かしてしまいます。アライグマには決して餌付けをしないようにして、住みつかれてしまった場合には、専門の駆除業者に依頼してください。初期調査や見積もりは無料で行ってもらえます。

More Detail

大型害獣による被害

考える女の人

アライグマの大人は凶暴な性格でケガをしたり、感染症の危険もあるためむやみに触らないようにしましょう。アライグマを駆除するには自治体への届出がひつようなことと、ケガを防止するためにも業者に作業を依頼します。業者は駆除ののち、住みかの清掃や消毒もしてもらえます。

More Detail

専門業者に作業を依頼

悩む女性

無許可での飼育は禁止

北米原産のアライグマは基本的に水辺近くに生息していますが、日本で野生化したアライグマは家屋や神社などの屋根裏等の隙間を住みかとします。農作物に被害を与えたり、住宅設備を劣化させたり、健康被害を与えたりと、様々な面で害獣になってしまい、駆除対象の動物になりました。アライグマの体長はおよそ50cm、尻尾の長さはおよそ30cm、体重は大人になると10kgを超えることもあり、人家の近くにいる害獣では大型になります。日本にはアライグマの天敵となる生物がいないため、繁殖数が増えていて、外来生物法によって特定外来生物に指定されています。そのため、無許可での飼育や輸入は禁止されています。以前から飼育している場合には届出をしなければなりません。

寄生虫に注意

アライグマによる被害の多くは農作物を食い荒らすことと住宅設備を破壊したり、腐らせてしまうことですが、人にも感染する危険性のあるアライグマ回虫を持っている可能性があるため注意が必要です。また、残された糞は悪臭を漂わせるだけでなく、カビや寄生虫の発生源となり、乾燥して周辺に飛散すると呼吸器疾患の原因となることもあります。そのため、駆除をする場合には、厳重な警戒をした上で対策をしなければなりません。アライグマを駆除するには、一般的には罠におびき出して捕獲します。捕獲した後は、殺処分となり関係部署に届出をしなければならないため、専門の害獣駆除業者に作業を依頼するべきです。住宅に住みつかれないように日頃から餌付けをしないことや、侵入口を塞いでおく予防も大切です。最近はアライグマ被害が増えているため、アライグマの駆除業者は増加の傾向にあります。複数の業者に駆除にかかる費用がどの程度かかるのか確認することで、アライグマ駆除のコストを削減できるでしょう。

重症になる前に対策を

アライグマ

人間生活に被害を与えるアライグマを駆除するときには、捕獲をした後殺処分になります。動物愛護的に殺処分を減らすためにも人間から遠ざける対策が必要です。住宅にアライグマが住まわれてしまったときには早めに駆除しないと被害が重篤なものになってしまいます。

More Detail